これまでミニ6サイズシステム手帳はポケットのない非常にシンプルなものを定番商品として販売しておりましたが、機能的なシステム手帳を希望されるお客様も多く、今回新たにリニューアルすることにしました。

当店で扱っている革素材、カラーを選んでカスタマイズすることができます。
ここで掲載している写真は外装・内装ともにカラーヌメピンク、ステッチ同系色(濃いピンク)、ゴールド金具で制作したものです。

*システム手帳のオーダーについてはこちらをご覧ください。
システム手帳のパターンオーダー・カスタマイズ方法

外観やサイズはこれまでのものとあまり変わってないですが、内装のポケット類を充実させています。


左右に大きいポケットが1つずつ。
さらに左側に名刺・クレジットカードサイズが入るフィルムポケット、右側に小さいポケットが付いています。
右側の小さいポケットも名刺・クレジットカードが入る使いやすいサイズです。
大きいポケットの上部にはスリットが入っています。書類などを出し入れしやすいように考慮しました。


標準でページリフターも付属します。リフターがあるとページがめくりやすくなります。
良く見るページに挟んでおくと必要な情報に素早くアクセスできて便利です。
スムースレザーの場合は下敷きとしても一応使えますが、筆跡が映る可能性がありますのでご注意ください。


Philosophii Leathers のロゴも入ります。


ペンホルダーも標準で付属します。
ミニ6サイズはサイズのバランスを考えて、ペンクリップ部分を挿す小さなペンクリップホルダーが付属します。
ペンクリップホルダーは内向きについており、手帳本体にペンが納まるスペースを確保していますので、手帳を閉じた時にペンが横からはみ出にくくなっています。見た目スマートに見えます。


ベルトストッパーも丁寧に作り込んでいます。ベルトを差し込んだときにすっと気持ちよく留まります。


金具はドイツ・クラウゼ社のバインダー。内径13mm、シルバーも選べます。


ポケットに書類等を収めたイメージ。(ページリフターは外しています。)

<ミニ6サイズシステム手帳 仕様>
・サイズ:H150 x W110 x D22mm
・重量:約140g(革の種類により異なります。)
・リング径13mm
・ポケット:ポケット大x2、フィルムポケットx1、ポケット小x1
・ペンクリップホルダー、ページリフター付属

関連記事

  1. シェーブルのブックカバー

    2016.08.9

    シェーブルのブックカバー

    以前紹介したシェーブルでブックカバーをオーダーいただきましたので紹介します。シェーブ…

    シェーブルのブックカバー
  2. 財布の試作

    2013.09.29

    財布の試作

    革の定番といったらやっぱり財布ですよね。作品のラインナップに財布を加えたいと思って、…

    財布の試作
  3. 手帳カバーのカスタムオーダー

    2013.11.26

    手帳カバーのカスタムオーダー

    カスタムオーダーの手帳カバーを製作中です。定番商品として販売しているほぼ日手帳カバー…

    手帳カバーのカスタムオーダー
  4. 名刺入れ増殖中

    2014.02.25

    名刺入れ増殖中

    ぜんぶ名刺入れです。不思議と立て続けに同じ商品の注文が入るタイミ…

    名刺入れ増殖中
  5. コインケース

    2013.12.8

    コインケース

    小銭とカード数枚をコンパクトに持ち運べるコインケースです。開いて…

    コインケース
  6. カメラストラップ製作中

    2013.06.25

    カメラストラップ製作中

    カメラストラップを作ってます。この赤い革も、そろそろ残りが少なくなって来ました。…

    カメラストラップ製作中
  7. 赤いシステム手帳

    2013.11.1

    赤いシステム手帳

    人気のシステム手帳。ピンクに続いてレッドをラインナップに加えまし…

    赤いシステム手帳
  8. 【お知らせ】3/12(土)〜17(木)はお休みです。

    2016.03.11

    【お知らせ】3/12(土)〜17(木)はお休みです。

    3/12(土)〜17(木)の期間中、商品の制作・発送・お問い合わせ対応をお休みさせていただき…

    【お知らせ】3/12(土)〜17(木)はお休みです。
  9. 手帳カバーの制作過程

    2017.09.3

    手帳カバーの制作過程

    先日のブログで掲載したほぼ日手帳カバーの制作過程を写真撮ったので簡単に紹介します。革の手…

    手帳カバーの制作過程

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP