先日のブログで掲載したほぼ日手帳カバーの制作過程を写真撮ったので簡単に紹介します。
革の手帳カバーを自作したいという方は参考にしてみてください。

上の写真は型紙に合わせて革を裁断したところです。3つ同時並行で作ります。
写真には写ってないですがこれとは別にライニング(裏地)用の革も裁断しています。


そのままでは革が厚すぎるので厚みを調節します。革漉き(スキ)機というマシンを使ってパーツごとに厚みを調整します。
本体は厚め、見返しとペンホルダーは薄めにしますが革の種類や硬さによって微調整が必要です。また、手帳の厚みによっても変えています。
薄い手帳用だと革も若干薄めにします。このさじ加減はかなり経験的なものです。

この革の厚みの調整が繊細な仕上がりには不可欠なんですが、機械が必要なので趣味で作るにはどうしても限界があります。


漉き加工が終わったら全てのパーツに裏地を貼っておきます。
見返しにはペンホルダーを取り付けるための穴を開けておきます。バタフライストッパーなので左右段違いになってます。


ペンホルダーは使用頻度が高く革がヨレやすい部分ですので、少し手間ですがしっかりと裏地を貼ってミシンをかけます。
このときにコバ(革の断面)も綺麗に処理しておきます。


ペンホルダーのパーツが出来上がりました。見返しに差し込む先端部分は、アタリが出ないように薄く加工しています。


見返しのパーツにペンホルダーを縫い付けて、本体に接着します。
手帳カバーっぽい感じになってきました。


カバー本体の外周をぐるっとミシンがけ、糸はライターで焼き止めて処理します。


角が尖っているとヨレやすいので4箇所ともカットしておきます。


外周のコバ処理をします。重なった革の境目が分からなくなるまで丁寧にヤスリがけをして、革の色に合わせて調合した染料を塗ります。
このまま30分ほど乾燥させてまたヤスリをかけ、染料を塗って、、、と何度か繰り返してキレイなコバを作ります。

ほぼ日手帳カバーの完成です。

関連記事

  1. 【NEW】ラウンドファスナー長財布、できました。

    2014.09.25

    【NEW】ラウンドファスナー長財布、できました。

    メガネケースとポーチ用のファスナーを業者に注文したら納期が1ヶ月…

    【NEW】ラウンドファスナー長財布、できました。
  2. ブックカバーワークショップ定員になりました

    2014.01.26

    ブックカバーワークショップ定員になりました

    革のブックカバー作りワークショップが全日程定員になりました。キャ…

    ブックカバーワークショップ定員になりました
  3. 8月3・4日は大阪梅田オーダー会です。

    2019.07.30

    8月3・4日は大阪梅田オーダー会です。

    大阪梅田のオーダー会がまもなく開催です。改めてオーダー会の詳細のご案内です。**…

    8月3・4日は大阪梅田オーダー会です。
  4. 2011年11〜12月のオーダー会スケジュール

    2021.11.11

    2011年11〜12月のオーダー会スケジュール

    年末が近づいてきましたね。11月、12月はオーダー会がみっちり入っています!12月…

    2011年11〜12月のオーダー会スケジュール
  5. オーダー事例紹介

    2015.08.28

    オーダー事例紹介

    オーダー制作したけどまだブログで紹介できてなかったものをまとめました。手帳型iPho…

    オーダー事例紹介
  6. ショップ更新しました

    2014.10.16

    ショップ更新しました

    急に涼しくなって来た今日このごろ。そろそろ手…

    ショップ更新しました
  7. 名刺入れ

    2014.04.10

    名刺入れ

    新しい名刺入れで始まる新年度。&nb…

    名刺入れ
  8. 革のパスケース作りワークショップ締切りました

    2014.02.4

    革のパスケース作りワークショップ締切りました

    前回のブログの最後に案内していたパスケース作りワークショップが定員になりましたので募…

    革のパスケース作りワークショップ締切りました
  9. いい革、入荷しました。

    2015.04.4

    いい革、入荷しました。

    **********最新の革の入荷情報については「入荷情報」をご覧ください。ヴォー・…

    いい革、入荷しました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP